医療機関で扱うフィナステリドとリアップレディ改良版

現在では、薄毛や抜け毛の症状を改善するには、自宅で育毛剤を使ってケアをする方法から、専門の医療機関を受診して、フィナステリドなどの治療薬を使って状態の改善を目指す方法まで様々な選択肢があります。
成人男性が毛髪が薄くなる症状に悩まされているなら、男性型脱毛症を発症していることが原因であるケースが多く報告されていますが、フィナステリドはその男性型脱毛症の治療に有効な薬です。
フィナステリドを有効成分としている男性型脱毛症の治療薬は、基本的には毛髪治療クリニックや皮膚科、内科などの医療機関で処方されることによって購入出来る薬となっています。
フィナステリドの働きは、男性型脱毛症の原因物質であるDHTが生成されるのを抑制することによって、この脱毛症による抜け毛や薄毛の進行をストップさせることです。
DHTの生成が抑制されると髪の成長期が正常に戻るので、細くなっていた髪にコシが出てきたり、休止期になっていた毛髪が成長するなどの変化が起き、薄毛が改善される効果が期待出来ます。
ところで、女性が薄毛に悩んでいる場合は、女性にはフィナステリドは使ってはいけない薬となるので、リアップレディなどの使用で改善する方法が考えられます。
リアップレディは現在はリアップリジェンヌという名称に変わっていますが、これは2011年にリアップレディの成分に更に頭皮環境を整えるのに役立つ成分をプラスしてリニューアルされた製品です。
リアップレディやリアップリジェンヌに配合されている発毛に有効な成分はミノキシジルといい、頭部の血流を促進して毛母細胞を活性化させて育毛や発毛を促す成分です。
ミノキシジルは女性と男性両方に使える成分となり、薬局で売られているリアップシリーズの他に、医療機関で処方されているものもあるので、もしもあなたが今、薄毛に悩んでいるなら、毛髪治療クリニックなどを受診してこれらの薬を使ってみるのも良いでしょう。